2017年から2018年、iDeCoの進化が止まらない。

ideco-evolution




どうも、iDeCo大好きマネトーーク!編集長のひでき(@hideki_moneyです。

 

最近の株高で私のiDeCoがすこぶる好調です。

iDeCoを通して積み立てている投信がすこぶる好調。

まだiDeCoを始めたばかりですが、老後資金を順調に積み立てられている気分になっています。

 

私はこのサイトを通じて、老後資金の積み立てをするならiDeCoに限るとゴリ押ししてきました。

まるで、どこかの銀行か証券会社の回し者かの如く。

 

そして今回もゴリ押し記事です。

iDeCoをゴリ押します。

 

今回のゴリ押しテーマは、近年iDeCoが加速的に進化している件についてです。

私もこの進化がきっかけでiDeCoへの加入を決めました。

 

今iDeCoの加入を検討している人の脳を震わせる記事を書いていくので、ご興味ある人はご一読を。

この記事の概要

ここ数年、iDeCoに起きた制度改正について書いていきます。

iDeCoに今後加入しようか検討している人向けの記事です。

2017年〜2018年、iDeCoの進化が止まらない

iDeCoについての大きな改正は2017年1月より始まりました。

この2017年の改正でiDeCoへ加入できる人の制限が大きく改善されたことを皮切りに、iDeCoは多くの人の注目を集めるようになりました。

 

ここからはその2017年1月からの改正をピックアップしていきます。

今回ピックアップする改正は3つです。

 

加入できる人が大幅に拡大

前述の通り2017年1月よりiDeCoへ加入できる人が大幅に拡大されました。

この改定により、細かい要件はありますが実質現役世代のほとんどの人がiDeCoへ加入できるようになりました。

 

同時にiDeCoの大きな節税効果も注目され、2017年11月現在も右肩上がりでその加入者を増やしています。

 

私がiDeCoへ加入したことも、この改正がきっかけになりました。

これが2017年から2018年までの大きな改正の1つになります。

 

脱退一時金が受け取れなくなる

続いて2つ目にピックアップしたいのがiDeCoというより確定拠出年金全体の改定です。

 

これまで企業型DCに加入していた人が、その企業を退職した時は資産が50万円以下などの要件を満たせば脱退一時金として掛け金を受け取ることができました。

 

しかし、iDeCoへの加入制限が緩和されたことにより企業型DCの掛け金をiDeCoにスライドさせやすくなったので、この脱退一時金が適用されるケースがほとんどなくなりました。

 

あまりインパクトのある改定ではありませんが、一部の人には衝撃を与える内容なのではないでしょうか。

 

掛け金の拠出が年単位に

最後に2018年から変更されるところで大きな改正をご紹介します。

2017年11月現在まではiDeCoも企業型DCも掛け金は毎月の掛け金の上限額が設定されています。

(例えば一般的なサラリーマンのiDeCo掛け金の上限は23,000円です。)

 

その月に掛け金を支払わなければ、掛け金を支払う権利が消滅されてしまいます。

 

これが2018年からは年単位での支払いが可能となります。

これにより、余裕のない月は掛け金支払いをストップしてボーナスで一括払いするなどフレキシブルな支払い方が可能になります。

 

この改正により、iDeCoの掛け金に対するハードルはぐっと低くなったと言えるでしょう。

よってiDeCoに加入しやすくなるのではと予想されています。

 

どんどん使いやすくなるiDeCo

2つ目にピックアップした項目はデメリットになりうる人がいるかもしれませんが、これらの改正で基本的にはiDeCoの使いやすさは向上したかと思います。

そして今後もiDeCoは加入者を増やすために、どんどん使いやすくなるようアップデートされていくことが予想されています。

なぜならiDeCoは国が積極的に応援している制度だからです。

 

iDeCoの加入は早い方が得

今後の流れも考えると、老後資金を積み立てるためにはiDeCoに加入しておくことをオススメします。

 

iDeCoに加入すると初期費用の2777円と毎月167円の口座管理手数料が必ずかかります。

加入して放置してしまうと、この手数料の分だけ損してしまいますが、しっかり運用を続ければこの手数料はすぐにペイできてしまいます。

 

iDeCoは節税効果が鬼のように高いので、早く加入すればするほどお得な制度です。

迷われている方は少額からでも始めることをオススメします。

 

加入される際、手数料が鬼安でおすすめなのがSBI証券と楽天証券になります。

正直手数料の話だけなら、もはやこの証券会社2択です。

 

現場からは以上です。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です