私のiDeCo 2017年10月の運用報告

idaceco201710




どうもマネトーーク!編集長のひでき(@hideki_moneyです。

 

iDeCoをはじめて3ヶ月経ちました。

今月も私の資産はのびのび育ってくれました。

ありがたや。

 

今回の記事はそんな私のiDeCoの運用報告第2弾。

今の資産状況や銘柄別損益を書いていきます。

 

これからiDeCoを始めようと考えている人にiDeCoの運用イメージを掴んでもらえれば私は嬉しい。

この記事の概要

私が運用しているiDeCoの銘柄別損益を書いていきます。

 

これからiDeCoを始めようと考えている人が、iDeCoの運用イメージを掴んでいただけたら嬉しいです。

資産状況

早速ですが私のiDeCo運用報告です。

拠出金合計:69,000円

加入時手数料:-2,777円

毎月の手数料:-501円(3ヶ月)

運用損益:+3,617円

資産合計:69,339円

 

ついに加入時手数料など諸々取り返してプラス域に浮上しました。

iDeCoは加入時の手数料が2,777円と高く、そのあとは毎月167円の手数料が取られます。

 

最初の加入時手数料をペイするまでは上記の管理画面の損益はずっと赤字なので、少し見栄えが良くなりました。

赤字ってストレスですもんね。

 

資産については掛けた金額の5%くらい増加しています。

これは順調な結果だと言えるでしょう。

このまま年利5%くらいで増えてくれればリスクをとって資産運用している甲斐があります。

 

iDeCoでは儲かったぶんに税金がかからないのでリスクをとって老後資金を積み立てるには最適な方法と言えるでしょう。

 

特に今年は経済が好調で、iDeCoを始めるにはいい時期だったのかもしれません。

 

ただ年金として受け取るのはまだ30年も先の話になります。

目先の増減に一喜一憂してもあまり意味はありません。

 

ただ今だけは喜びに浸らせて。

私だって人間だもの。

 

銘柄別損益

続いて恒例(まだ2回目)の銘柄別損益を発表させていただきます。

銘柄 損益
SBI TOPIX100インデックスファンド +954円
ニッセイ日経225インデックスファンド +1,194円
EXE-i 先進国株式ファンド +547円
EXE-i 新興国株式ファンド +380円
DCニッセイ外国株式インデックス +542円

上記2つが日本株、下の3つが外国株です。

ここ最近の好調な経済のおかげで全てプラス損益になっております。

ありがたや。

 

今は歴史的な日本株高のおかげで、日本株が稼ぎ頭になっています。

ありがたや。

 

個人的には外国株のほうが長期的には育つんじゃないかという目論見なので依然外国株を厚めに買っています。

少しリスクをとるという意味で新興国株も20%混ぜています。

 

来月あたりこの子達が伸びてくれたら私は嬉しい。

 

結果の背景

相変わらずiDeCoの運用はほったらかしのスタイルなので、あまり市場の動向には詳しくありません。

 

ざっくり市場を見ていた感じだと、この結果の背景には世界的な経済の安定があるんじゃないかと思います。

特に日本株は歴史的な株高を記録し、今なおバブル期以来の高値をつけようかというところです。

 

市場リスクとしては未だに北朝鮮問題はくすぶっているかと思います。

最近は耳にすることが少なくなりましたがリスクがなくなったわけではありません。

 

さらには前回この記事でも書かせていただきました。

私のiDeCo 2017年9月の運用報告

2017.10.14

10年に一度の世界的な経済ショックのリスクもあります。

こちらに関してはオカルトの域を出ていないと思いますが、何が起こるか分からないのがこの世の中。

 

頭の片隅には入れておくといいかもしれません。

 

いずれにせよ、私にできることは何もありません。

淡々とiDeCoを積み上げていく所存でございます。

 

SBI TOPIX100インデックスファンドについて

私が購入している銘柄について少しご紹介させていただきます。

 

今回はSBI TOPIX100 インデックスファンドについて書いていきます。

 

まずこの銘柄はインデックスファンドです。

東証一部上場の1,700くらいある銘柄の中から100銘柄をチョイスして作られた投資信託です。

どの銘柄をチョイスしているかは、SBIの公式ホームページからいつでも確認できます。

 

ここ10年間くらいは安定して資産を増やしている銘柄です。

日本株をフォローしたかったのでポートフォリオに組み込みました。

 

前述の通り、最近好調な日本経済のおかげでiDeCoを始めてからずっとプラス損益にあります。

 

漠然と日本株をフォローしたいという目的の人にはおすすめの銘柄ではないでしょうか。

 

儲かった分も税金がかからない、大好きiDeCo

ここまで私がiDeCoを通じて運用している銘柄はありがたいことに全てプラスで推移しています。

 

普通にこのような資産運用をしている場合、これらの運用益には税金がかかります。

(今の私程度の運用益程度では税金はかかりませんが。)

 

iDeCoであれば、このように運用益が出たとしても全て非課税、つまり税金はかかりません。

これはiDeCoを利用する大きなメリットになります。

 

もし、今眠っているお金があって、将来の老後資金をこらから作っていこうと考えている人であればiDeCoの利用をおすすめします。

 

現場からは以上です。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です