投資初心者へ捧ぐ。主な投資商品4つの特徴と正しい投資マインド。

Investment-products




どうもマネトーーク!編集長のひでき(@hideki_moneyです。

 

この記事にたどり着いたあなたは、これから投資を始めようと考えているひとではないでしょうか?

そして今まさにその一歩を踏み出すために勉強中の人だと思います。

 

そんなあなたのために私、書きます。

投資の対象になる主な金融商品4つと、その特徴を書きます。

 

この記事でさくっと投資商品というものを学んでいただき次のステップに繋げてくれたら私は嬉しい。

この記事の概要

投資対象になる主な金融商品4つとその特徴について書いていきます。

これから投資を始めるために勉強中の人向けの記事です。

世の中にある主な投資商品4つ

まず投資と聞くと株だったり金(ゴールド)だったり、色々な金融商品を思い浮かべるかと思います。

 

ちなみに今巷で流行っている仮想通貨などは、個人的にまだ投資で使える金融商品ではないと思っているのでここではご紹介いたしません。

その理由については以下の記事に譲ります。

お金でお金を増やす4つの方法とたった1つの正解

2017.12.05

ここでご紹介する金融商品4つとは株式、債券、不動産、貴金属の4つです。

以下詳細書いていきます。

 

株式とは

株式とは企業が資金調達のために発行する有価証券のことです。

私たちは上場された株式を取引所を通じて売買します。

 

株式の価格の変動によって利益を出す方法や株式を持っている会社からの配当も利益になります。

あとは月曜から夜更かしという番組でおなじみの桐谷さんがやっている株主優待券がもらえるケースもあります。

 

投資対象としてはハイリスクハイリターンなのが特徴の金融商品です。

 

債券とは

債券とは国や企業が借金をしたい時に使われる有価証券です。

借金なので貸した側は利息がもらえます。

これを債券の金利と言います。

国が出したものが国債、企業が出したものが社債と言われます。

 

利益の出し方としては、債券を満期日まで保有して、その間の金利をもらうというモデルになります。

 

国や企業が潰れないかぎり、貸したお金の元本は保証されるのでローリスクローリターンなのが特徴です。

 

不動産とは

家や土地に投資することを不動産投資と言います。

家や土地なので不動産投資には莫大な資金が必要なイメージがあると思います。

しかし近年では小額の資金で始められる不動産投資信託REITもあるので不動産投資は一般的になりました。

 

家賃収入により利益をあげていきます。

REITでも家賃収入をもとにした配当があります。

また株式と同じように不動産価格の値上がりによる利益も期待できます。

 

定期的な家賃収入と不動産価格による利益を期待できることから債権と株式の中間的存在と言われています。

ミドルリスクミドルリターンの金融商品です。

 

貴金属とは

ゴールドなどの貴金属も投資の対象になります。

こちらも近年投資信託などのインフラが整い、一般個人でも簡単に投資できる対象になりました。

 

価格の変動で利益を出していく投資モデルになります。

 

投資商品の特徴としては貴金属そのものに価値があるため価格が変動しても無価値になることがありません。

インフレに強い投資商品だと言われています。

 

正しい投資とは予想をしないこと

ここまで主要な投資商品4つをご紹介いたしました。

これらはそれぞれ、価格の動き方や利益の出し方に特徴があります。

 

このような投資商品を前にして「どの金融商品が儲かるのか」とか「どのタイミングで買えば一番儲かるのか」ということを悩むかもしれません。

 

しかしこれは正しい投資の考え方とは言えません。

投資とは予想をしてするものではありません。

 

これら投資商品のどれ選ぶかは大した問題ではありません。

どうリスクを分散するかが投資では問題なのです。

 

リスクを分散するテクニックとして分散して投資する、積み立てながら投資する、長期間投資するという3つのテクニックがあります。

この基本テクニックを踏まえて投資をすることが重要です。

 

自分にあった投資商品、自分の好きな投資商品を選んで、リスクを分散させて投資をしていきましょう。

ちなみに私は株式を好んで投資をしています。

 

自分のお金を使って、企業が世の中を良くするためにそのお金を使うって素敵なことだと思います。

そんな思い出株式を選択しています。

 

あなたにあった投資商品が見つかることを想いながら、今夜も私はお酒を飲んでいます。

 

現場からは以上です。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です