高機能すぎる家計簿アプリMoneyForwardのレビュー




どうも、家計簿ソムリエ(仮)のひでき(@hideki_moneyです。

 

今回は、スマホでつける家計簿アプリMoneyForwardのレビューを書いていきます。

 

スマホで家計簿をつけたくて、ナイスなアプリを探しているあなたの参考になれば私は幸せです。

 

この記事の概要

スマホでつける家計簿アプリMoneyForwardのレビューを書いていきます。

 

家計簿アプリを探している人向けの記事になります。

MoneyForwardはこんな家計簿アプリ

それでは早速私がMoneyForwardを使ってみた感想を書いていきます。

 

まずMoneyForwardを使って感じた感想は、高機能すぎる家計簿アプリだということ。

高機能なので入力は正直面倒臭くて、帳簿入力は複雑だなと感じました。

 

その恩恵として、しっかりつければ豊富な分析機能によって家計の改善点を見つけられるアプリだなと感じました。

 

以下詳細レビューを書いていきます。

 

入力に関するレビュー

MoneyForwardは全体的に帳簿入力が面倒臭い印象を受けました。

 

出費のカテゴリー分けがすごく分かりづらいと思います。

大カテゴリーの入力は簡単ですが、中カテゴリーの入力はすごく面倒です。

 

中カテゴリーとかしっかり設定したい、私のような人には不向きなアプリかなと思います。

 

高度な分析のためにはカテゴリー分けが必須だと考えていますが、それがやりづらいところはアプリとしては残念なポイントでした。

まだエクセルの方が入力しやすいまである。

 

ぶっちゃけ帳簿入力は面倒臭い

入力の際出てくるボタンがやや多くてぶっちゃけめんどくさいと思いました。

毎日続けることなのでもう少し使いやすいと良かったなぁというのが率直な感想。

ここの入力を押して

上から金額を入力、カテゴリーを決めて日付を決めて出金元を決めるって感じです。

個人的にはごちゃごちゃひている印象が拭えませんでした。

 

ただ慣れれば問題なく使えると思います。

 

あとMoneyForwardはレシートを撮影して入力することができます。

これは精度が高かったので驚きました。

 

僕が食べた手巻きおにぎりのレシートを撮影したら手巻きおにぎりとちゃんと認識していました。

 

これを使えばサクサク入力できそうですが、カテゴリーが間違えて入った場合訂正しなければいけません。

毎回これを確認するのも手間だなと思います。

 

科目(カテゴリー)設定の自由度は低い

MoneyForwardを使ってみた感じ科目(カテゴリー)の設定はできませんでした。

 

中カテゴリーは自由に作れますが食費や交通費などの大カテゴリーは用意されたものを使って仕分けしていくスタイルのようです。

 

ただ必要なものは揃っているので私はあまり不便には感じませんでした。

 

特殊な仕分け(たとえばギャンブルやる人とかの投資)が多い人は使いづらいと感じるかもしれません。

 

ルールを事前にしっかり決めなければいけない

高度な分析ができる家計簿です。

入力されたデータが分析に反映されるので、あらかじめどう入力したらどこにデータが反映されるか確認しながらルールを作って家計簿をつける必要があると感じました。

 

あまり深く考えて家計簿をつけたいって人には不向きなアプリかもしれません。

 

分析に関するレビュー

個人的に入力は分かりづらく感じたためあまりいい印象は書けませんでした。

 

しかし分析に関しては全く逆の印象で、MoneyForwardは分析機能すごいなってのが率直な感想です。

 

そう思う理由は以下!

 

目標設定ができる

家計簿の分析の仕方がよくわからないという人に向けて以前こんな記事を書きました。

誰でもできる!家計簿のデータを活かす分析方法6ステップ。

2017.09.10

この記事で私は最初に目標設定をすることをオススメしています。

 

目標を立てておかないと、何に向かって節約をしているか分からなくなって寂しい生活に陥ってしまうためです。

目標設定をすることで家計の予算設定もそこから逆算して決めやすくなります。

 

この目標を、スマホで管理できるのでMoneyForwardはとても優秀だと感じました。

こんな感じで、目標に対しての現在地が分かるのでモチベーションアップに繋がります。

 

予算設定ができるし管理もしやすい

MoneyForwardは予算設定が当然のようにできて、さらに予算に対しての現在の出費が見やすくて管理がしやすいです。

実際の予算管理画面がこんな感じです。

あといくら予算内で使っていいかが一目瞭然。

 

目標を決めて、それに対して予算を設定して、予算オーバーしてしまった出費カテゴリーを改善する。

これが家計簿をつける意義であり、お金が貯まる体質を作る方法だと私は考えています。

実際に私はそうやってお金を貯められるようになりました。

 

MoneyForwardではこの流れを自然と作れるように設計されています。

見やすい予算管理画面は、家計の改善をする上で重要なので、このポイントはすごく魅力的だと思います。

 

出費分析も充分できる

自分の家計が何にいくら使っているか、また収入と支出どちらが多いのか。

こういった分析を視覚的に見やすく分析できるのもMoneyForwardを使うメリットの一つだと感じました。

いかがでしょうか。

多くを語らずとも家計の管理ができそうなこの管理画面。

 

美しいまである。

 

その他のレビュー

家計簿アプリにとって大事な入力、分析に関するレビューは以上です。

ここからは、それ以外で他の家計簿アプリと差がありそうなところをほじくってみたいと思います。

 

お金に関するニュースがある

MoneyForwardはアプリ内にお金のニュースが配信されています。

これがいいことか、悪いことかは別としてMoneyForwardの特徴としてあげられそうです。

 

お金に関する知識がつきそうなほとんど広告だろうけど情報を手に入れられると考えられればメリットです。

 

帳簿入力前に余計な情報が入ってきて作業が中断すると考えればデメリット。

広告に騙されそうな人にもデメリット。

 

私はどちらかといえば後者なのでいらない機能だなと思っています。

 

一部機能が有料

MoneyForwardでは、この記事で書いたこと以外に様々な高機能が付いています。

 

例えば家族で家計簿をつけるなら各人の携帯電話ごとの支出の分析家計簿データのエクスポートなど。

ちょっと本気で家計簿分析を考えている人には欲しいサービスが有料で受けられます。

 

個人的にはお金を支払っても使いたいサービスですが、こういう出費が嫌な人にとっては他の家計簿アプリの方がしっくりくるかもしれません。

 

MoneyForwardはこんな人にオススメ!

私が感じたMoneyForwardを使ってみた感想をまとめるとこうなります。

 

帳簿入力が少し面倒だけど分析機能が神ってる家計簿アプリ。

 

本気で家計の分析をしたいけど、スマホアプリで隙間時間に帳簿入力をしたいなんて人には最良のアプリなんじゃなかと思いました。

 

現場からは以上です。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です