【速報】老後資金について真剣に考える時代が到来しました。

think-of-rougo




どうも、最近老後資金について考えるのが趣味になっているマネトーーク!編集長のひでき(@hideki_moneyです。

 

あなたは老後資金について真剣に考えていますか?

今後老後資金については、国からの公的年金のみに頼らず自分で積み上げていくことが大事な時代になってきています。

なぜなら今後、老後資金を自分で作る制度iDeCoがどんどん普及していくと予想されているからです。

 

iDeCoのように自分で積み立てる年金制度ができた背景には、国の「将来の年金は自分たちで積み立てていってね」という思いがあります。

要するにお国様が私たちに用意できる年金について、限界を感じているということです。

 

少し過激な言い方になってしまいましたが、このようは理由から私たちは老後資金について今まで以上に真剣に向き合わなければならないと思っています。

 

この記事では今後iDeCoが普及すると予想される理由について書いていきます。

この記事の概要

iDeCoが今後普及していくと予想されている理由について書いていきます。

 

iDeCoへの加入を検討している人、老後資金について不安を感じている人向けの記事です。

今後iDeCoに力を入れる金融機関が増える理由

まずiDeCoという制度の窓口は金融機関になります。

iDeCoに加入したいと思っている人は銀行や証券会社に専用の口座を開設して取引をしていくことになります。

 

これまでiDeCoがあまり普及してこなかった原因の一つに、iDeCoを取り扱う金融機関が営業をかけにくい状況にあったことがあげられます。

なぜなら、これまではiDeCoに加入できる人が制限されていて、加入できる対象者に対して効率的なアプローチができなかったからです。

 

しかし、2017年1月よりiDeCoに加入できる人の幅が大きく広がりました。

実質現役世代の人はほとんどiDeCoに加入できるようになったのです。

 

なので金融機関はこれまでと比べiDeCoに関する営業を格段にかけやすくなったと言えます。

 

このことから、今後iDeCoはどんどん普及していくのではないかと言われています。

また、お国様もそれを望んでいるのです。

 

アメリカでは類似の仕組みが広がった

もう一つiDeCoが今後普及していくと予想されている理由があります。

 

アメリカにはiDeCoと類似した制度があります。

IRA(個人退職勘定)という制度です。

 

この制度もiDeCoと同じように発足当初は加入者が限られていたため、加入率の伸びは小さかったと言われています。

加入対象者が原則全国民となったのち、急速に普及していきました。

 

日本のiDeCoも加入できる人が拡大されたことで、同じように急速に普及するのではないかと予想されています。

 

老後資金について真剣に考えなければいけない時代の到来

金融機関の営業が拡大すること、米国で類似の仕組みが広まったこと。

これらの理由によりiDeCoは今後どんどん広まっていくと予想されています。

 

iDeCoが普及するということは、個人が公的年金だけに頼らず自分で老後資金を作る時代が来るということを意味しています。

これは国が望んていることであり、公的年金に対する財源を削減しやすい状況が作られていると言えるのではないでしょうか。

 

私たちは今後、ますます老後資金について真剣に考えていかなければならいでしょう。

 

iDeCoは早く始めれば始めるほどお得な制度になります。

iDeCo加入しませんか?

 

現場からは以上です。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です