あなたが投資に踏み出せない4つの理由を抹殺する記事。

to-deny-the-investment




どうもマネトーーク!編集長のひでき(@hideki_moneyです。

最近は世界的株高に恵まれて、私が投資した資産が増えてウハウハしてます。

 

この記事にたどり着いたあなたは投資でウハウハすることに縁遠い人ではないでしょうか?

そして投資には興味があるけれど、一歩踏み出せずにいる人ではないでしょうか?

 

この記事は、そんなあなたを救う記事になると思います。

投資の必要性が問われている昨今、なかなかその一歩踏み出せずにいるあなたには、投資に踏み出せない理由があるかと思います。

 

その理由を私がこの記事を通じて一つずつ抹殺していきましょう。

この記事の概要

投資にまつわる過剰な負のイメージを、私の経験から否定していく記事です。

投資に興味があるけど一歩踏み出せない人向けの記事です。

よく言われる投資のイメージ

それでは早速、負のイメージの浄化作業に入りましょう。

 

私が投資を本格的に始めてからよく言われる投資へのイメージは4つあります。

 

  1. 難しい
  2. リスクがある
  3. お金持ちがすること
  4. 胡散臭い

 

この4つです。

これらは確かに、私が投資を始める前にも抱いていました。

しかし、これらのイメージは実際に投資を始めてみると間違ったもの、もしくは大げさなものだということが分かりました。

 

これらのイメージが原因で投資を始めないのは勿体無いと思い、この記事の筆をとった所存でございます。

 

これらのイメージを持っているあなたに対して、私はこれから、私が実際の投資を経験してこれらが間違ったもの、大げさなものだと気づいた理由を書いていきます。

 

投資は難しい

まず投資を始めていない多くの人が抱いているイメージが投資は難しい、難しそうだというイメージです。

 

確かに私が知らない投資法もあって、それらについては難しいのかもしれません。

しかし、私が実践している積立・分散・長期という3つのルールを守るシンプルな投資法なら全く難しいことはありません。

 

投資をこれから始めるのであれば、新しい知識をつけなければいけないので多少の勉強は必要ですが、それは難しいというほどのことでもないと思います。

 

投資を始める前から、難しいというイメージで足踏みしているのはもったいないことだと思います。

新しいことを覚えることは、充実した日々を送る上でも役立つことなので是非勇気を出して勉強を始めてみてください。

 

投資はリスクがある

投資をしていると言うと必ず出てくるのがこのリスクというワードです。

インターネットなどでは投資で大儲けした人の裏で大損した人の情報も流れているので、このイメージが強まるのも分かります。

 

日本人はリスクという言葉に対して、特にお金に関してのリスクという言葉には非常にネガテイブな姿勢だなと感じます。

 

確かに投資ではお金を増やすために、お金が減るリスクが必ず発生します。

しかし、これはどんなことにも言えることです。

 

例えばあなたがディズニーランドへ行こうとした時、そこへたどり着くまでには交通事故に遭うリスクがあります。

しかし、ディズニーランドへ行くという目的のためにそのリスクを勇気を持って受け入れるはずです。

 

外国人たちのリスクという言葉の受け取り方は、この例えのようにポジティブです。

ゴールを目指すために勇気を持ってリスクを受け入れます。

 

日本人が投資スキルの面で諸外国に劣っているのはこの姿勢のせいかもしれません。

勇気を出して投資をしてみませんか?

 

先程書いた私が実践している投資法なら、リスクがコントロールできるので、致命的なことにはまずなりません。

 

投資はお金持ちがすること

投資をしていない人が持っているイメージで意外と多いと感じるのが投資はお金持ちがすることというイメージです。

 

確かにお金持ちは持っているお金に働いてもらうため投資をします。

しかしお金を持っていないと投資ができないわけではありません。

 

今では少額から投資ができるインフラも整っています。

現在の日本ではお金を預貯金で資産運用すると損をする可能性が高いです。

その理由についてはこの記事に詳細を譲ります。

預貯金はこれからの時代、損をするという衝撃的事実。

2017.12.03

お金を持っていない人こそ、投資をしてお金にお金稼ぎをしてもらうようにしなければなりません。

 

投資は胡散臭い

最後によく聞くイメージは投資は胡散臭いというイメージです。

このイメージを持ってしまう原因はよくわかります。

投資の世界には嘘の情報を流してお金を搾取しようとする人がいるのも事実だからです。

 

ただそうではない情報がたくさんあるのもまた事実です。

イメージだけで可能性を閉ざしてしまうのはもったいないことだと思います。

 

大事なことは自分で勉強して知識をつけることです。

そして情報の取捨選択ができるようになることです。

 

私が行なっている投資は自分で知識をつけ、情報を選んでいるので誰に騙されることもありません。

そしてそれは全然難しいことではありませんでした。

あなたにも必ずできることです。

 

胡散臭いというイメージが原因で、投資をするという未来を閉ざしているのであれば、考え方を変えてみてください。

 

未来は人に用意されるものではなく、自分で作るものだと考えるようにしてみてください。

それだけで楽しみながら投資の勉強ができると思います。

 

投資は全然大したことない

ここまで投資というものが抱かれている負のイメージについて書いてきました。

また私の経験からそれを否定させていただきました。

 

これらの理由で投資を始めることに足踏みしていた人の参考に、少しでもなれば私は幸せです。

 

最後に投資は自己責任でという定型文を添えて筆を置かせていただきます。

 

現場からは以上です。










コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です